HOME > ブログ > アーカイブ > 2015年12月

ブログ 2015年12月

美味しい望年会!!

昨日は午後から ターグル Toggle@ADIO勉強会。

ターグルToggle@ADIO勉強会 -アディオ カイロプラクティック-

オヤジだらけのなかに、若手イケメンのニューカマーも加わっての勉強会になりました。

今回のテーマは、「触れる」

何気なく当たり前に行なっている「触れる」という行為。

「触れる」質で結果が変わることを体感してもらいました。


そして勉強会の後は、・・・


おまちかねの 忘 年 会 !

岡野整骨院の宇田川くん、 misakiカイロプラクティックの横山さん、 那由多カイロプラクティックのバーバラさん、 虎ノ門カイロプラクティックのキャサリン姫(笑)、 ターボの美穂ちゃんも加わり大盛り上がり。

料理も盛りだくさんで楽しい会になりました!

アディオ カイロプラクティック☆美味しい望年会!!

アディオ カイロプラクティック☆美味しい望年会!!

アディオ カイロプラクティック☆美味しい望年会!!


僕はカイロプラクティックを信じていない

僕はカイロプラクティックを信じてはいない。
かと言って疑っているわけでもない。
 
信じる前に、愛するカイロプラクティックの目的を達成するという欲望があり、その欲望を満たしたい意欲があり、そのための行動をしてるだけ。
 
カイロプラクティックの施術後、クライアントの症状や病気や人生が良くなることがある。
でも「カイロプラクティックは凄い!」とは思わない。
 
クライアントの状態が良くなるという現象。
その現象を行なっているのは、イネイトインテリジェンスだ。
 
イネイトインテリジェンス(内なる叡智)は、名称やイメージは違っていても間違いなく存在する。
成長し、的確に内臓を働かし、呼吸し、排泄し、環境に適応しているのは全てイネイトインテリジェンスがあるからだ。
呼吸法なんか教わらなくても、生まれた瞬間から死ぬまで呼吸している。
激しい運動をすれば、多く酸素を取入れ運動量に見合った酸素を体内に供給している。何も考えなくても。
 
カイロプラクティックは、脊椎サブラクセイション(神経干渉)がイネイトインテリジェンスを阻害しているという仮説を立て、アジャストメントという瞬間の芸術により脊椎サブラクセイションが無い状態になれば、イネイトインテリジェンスの働きが正しくなり、結果として体の状態が良くなるという「仮説」の基に成り立っている。
 
つまり、脊椎サブラクセイションはクライアントの体に元々存在するものではなく、カイロプラクターが創り出しているものだ。
 
気功でも療術でも整体でも、エネルギーワークでもクライアントの体は良くなるだろう。
 
でもサブラクセイションに「拘る」ところに、カイロプラクティックのアイデンティティがある。
しかし、先人の残した方法に「囚われ」ているカイロプラクターも多い。
 
目に見る事ができないサブラクセイションという体の不調和を的確に見つけることは難しい。
 
日々、クライアントのイネイトインテリジェンスと向き合い、研究検証する必要がある。
「〜先生が言ったから」「◯◯システムの分析を忠実にやっている」など信じている暇は僕にはない!

関係性

昨日は武道家 日野晃氏の明鏡塾体験セミナーに参加してきた。

世界的に活躍する日野氏は、武道を通して得た関係性をこの塾を通して伝えたいようだ。

「関係性」は目に見る事はできない。

しかし必ず「ある」。

人は他人との関係の中で反応し、何かが起こる。

例えば「聴く」ことをちゃんとできているだろうか?

人の話を聞きながら「こんな返答をしよう」「それは違うな」など後天的に教育された知能で邪魔をしていないだろうか?

邪魔が入った瞬間「聴く」センサーは途切れる。

つまりイネイトインテリジェンス(先天的叡智)のままで感性を研ぎすまして、全身で「聴く」事ができればいいのだ。

そうすれば今までと違う人間関係の反応が生まれるだろう。

達人の域は遠いが、僕の目指すものだ。

精進しよう!

※画像は明鏡塾FBページより拝借しました。



Green Book勉強会

カイロプラクティックの本質を追究するために、その原点であるカイロプラクティックの古典「Green Book」を読み解くGreen Book勉強会。
先日その忘年会が行われた。

th_12316466_507082972792209_5415921210297770648_n.jpgこの会に参加して1年2ヶ月。その間僕自身の中でカイロプラクティックの目的がより明確になり、それを実践する以外カイロプラクティックの目的は無いと確信している。

カイロプラクティックの目的とは、脊椎サブラクセイション状態なのか判断し、必要ならばアジャストメントを行う。

ただそれだけ。

「サブラクセイションさえ見つけられれば、取り除くだけ。取り除けるならテクニックなんてなんだっていいんだよ」By Makoto Miyake

グリーンブック勉強会はだれでも参加できる。英語力は関係ない。
カイロプラクティックを深く探求する同志を求む!




1

« 2015年11月 | メインページ | アーカイブ | 2016年1月 »

Page top